ロレックス 430とは、ロレックス社が管理しているクライアントコードと呼ばれる番号の事です。このクライアントコードは保証書に記入されており、ロレックス社が最初に、どこの国の正規代理店に出荷したのか、という事を示しています。この事から日本国内では、国番号とも呼ばれています。ただし1カ国に一つのコードと限定されている訳ではなく、複数のコードを持つ国もあれば、一つのコードを数カ国で持っている場合も有ります。 ロレックス 430がどこのクライアントコードかと言うと、シンガポールのコードになります。その他にもブルネイとインドネシアも、同じコードを使われているようです。また日本のクライアントコードは、現在410です。このコードは2004年の、保証書のフォーマット変更時から使用されています。それ以前は900が、日本のコードだった様です。 日本では正規代理店経由の販売の他に、並行輸入品も多く販売されている為、正規のコード以外の製品も多く存在しています。かつては香港のコード888が、かなりの量を占めていた様ですが、現地での人気が高まった事で現在は少なくなって来ています。近頃では韓国の413や中国の801などが多くなって来ています。また欧米の国番号にこだわるファンも多いので、ドイツの100やイタリアの170なども出回っています。ロレックス 430もシンガポールなどで、観光や出張などで訪れる人が多い場所ですから、国内では出回りやすい品です。