ロレックス 468bとは、ロレックス社の純正部品の型番です。正式名称はフラッシュフィットと呼ばれる部品の一つで、ブレスレットとケースの隙間を隠す役割をしています。 ロレックス 468bが使われる場合ブレスレットは主に、18kイエローゴールドとステンレススチール製の62523 D-18という型番の物が使われています。商品名で言うとデイトジャスト69173のレディースに、このフラッシュフィットを使っています。その他にはオイスターパーペチュアルレディースの67193にも、このフラッシュフィットが使われています。 このロレックス 468bという部品は、金のプレートが外れやすい様で、替えの部品として求められる事が多い様です。しかし自分で部品を探したり、ロレックス専門店以外で修理依頼する場合、金額は安く済みそうですが部品探しが大変です。一方で正規代理店の日本ロレックスには、過去30年間に製造された全ての時計の部品が、ストックされている様です。非正規の店に頼むよりも修理代は高くなる様ですが、正規部品が揃っているのですぐ直してもらえます。大き目の部品修理は概ね1万円程度という事なので、フラッシュフィット位であれば、もう少し安価で修理できそうです。そもそもロレックスの時計と言うのは、オーバーホールを小まめにしながら長く使う、と言ったコンセプトの時計です。必要な部品交換は壊れる前に、交換されているのが前提の為か、部品修理については情報が少な目です。